カタリン・カリコさん

新型コロナウイルスのワクチンが注目されています。

通常、ワクチンの開発には5年~10年くらいの時間がかかるといわれていますが、なぜ1年という超スピードで開発が可能であったのか、疑問を持つ人も多いのではないでしょうか?

そこには長年の研究を積み重ねてきた無名の研究者達の努力がありました。

その一人がハンガリー出身の生化学者カタリン・カリコさん。

彼女はハンガリーで博士号を取得した後、1985年に夫と娘と共に渡米し、ペンシルベニア大でmRNA(メッセンジャーRNA)の研究を始めました。

しかしなかなか成果が出ず、不遇な時代を過ごします。

そんな時、学内で免疫学者のドリューワイズマンさんと知り合い、2005年に共同研究の論文を発表します。

この論文も当初は一握りの人にしか注目されなかったのですが、バイオベンチャーの独ビオンテック社と米モデルナ社の目に留まったのです。

mRNA医薬は長い期間研究され、技術の基礎が確立されていきました。

従来のワクチンよりもmRNAを使ったワクチンは迅速に作ることができるので超スピード開発につながりました。

人類をコロナ禍から救うかも知れないワクチン。

その開発には名も無い研究者達の努力と人との出会いが重なりあっていたのです。

カセットテープ

1980年代に大ヒットしたカセットテープ。

当時は音楽を聴くのはカセットテープだったと記憶しています。

レンタルレコード店でレコードを借りて、カセットテープに録音するというアナログ的なことをみんながしていたと思います。

お気に入りのテープを自作し、車やラジカセで聴いていたのをなつかしく思い出します。

あれからカセットテープはすっかり見なくなりました。そもそもカセットテープを再生するカセットデッキが車や家から消えてしまったので。

そんなカセットテープがひそかなブームを巻き起こしているのです。

主なユーザーは趣味でカラオケの練習をするシニア層。

カラオケは1曲5分程度が多いため、10分テープがよく売れるのだそうです。

シニア層が互いに歌を録音して交換し合うなど、カセットテープはコミュニケーションの一部にもなっているらしいのです。

又、音楽業界ではCDのように曲をスキップできない特性を生かしてアーティストがアルバム作成にあたりカセットテープを採用する動きもあるそうです。

「アルバムを1つの作品として聴いてもらいたい」と考えるアーティストから支持を得ているそうです。

時代が一周するといろいろなニーズが生まれるのですね。

元気の秘訣

顧問や社外取締役等でいろいろな会社を手伝っているご高齢の方はたくさんいらっしゃいます。

たくさんの経験を経て様々な知見をもっているので引く手あまたなのだと思います。

そういう方は忙しいけれども総じて元気です。

NHKの特集番組で社会で活躍する高齢の方を採血して調べたところ、老化につながる慢性的な炎症が極めて少ないことがわかったのです。

その炎症を抑えている要因が食事や睡眠、運動なら医学的にも納得できるのですが、意外な研究結果が出たそうです。

それは、社会や人の役に立てるという「心の満足」が要因であるという研究結果です。

人は歳を重ねるごとに物質的な欲求が減っていく傾向にあります。モノを持っていることよりも自分の言葉や行動で誰かがよろこんでくれたり、感謝されたりすることで精神的な充足感を得られるようになるといいます。

「ありがとう」と感謝されることが元気で暮らせる秘訣なのです。

社会や人の役に立てて「心の満足」を得られる年のとり方は理想だと思います。

寂しい十日戎

「十日戎」とは江戸時代から続いているお祭りで、例年約100万人が商売繁盛を祈願するために夜通し参拝に訪れる大きなお祭りです。

商売人の多い関西地方では「えべっさん」の愛称で親しまれており、最もポピュラーなお祭りの一つで毎年1月9日から11日までの3日間行われます。

しかし、今年はコロナの影響で人出も少なく、寂しい十日戎でした。

神社周辺の露店営業はなく、祭りばやしや威勢のいい掛け声などもありません。みんな黙って参拝するだけです。

名物のどら (耳の遠いえべっさんにたたいてお祈りするところ) もなくなっていました。

人出が多く活気があるお祭りはコロナ時代にはNGだらけだと再認識させられました。

関西人の習慣として去年買った福笹や縁起物の飾りを返納し、新しいものを買って一年間お店や会社に飾るという習慣があります。

私も会社を代表して去年の飾りを返納したのですが、新しい縁起物の飾りが露店営業自粛のため売っていません。

しかたなく神社境内で売っている福笹につける飾りをかわりに買いました。ふと、この日のために飾り物をたくさん作って用意していた業者は今ごろどうなっているのだろうと心配になりました。

えべっさんの 飾りや干支の置物などはこの期間しか売れないのに。

さぞかし無念であろうと思いを馳せ、「商売繁盛」とともに「疫病退散」をお願いしました。

2021年の色

日本流行色協会は2021年の色に「ホワイト」を選びました。

白は白紙に戻すなど「はじまり」を示す言葉によく使われている色です。

白を選んだことについて日本流行色協会では「希望を胸にゼロから考えるという意味を込めてゼロホワイトと名付けた」と説明しています。

このほか同協会では ①白には「知性」「潔白」というイメージがあり、2021年には何が本当かを見抜く「知性」が求められる ②政治に対しては隠し事のない「清廉潔白」が望まれる ③公共空間、家庭内ではウイルスから身を守る対策を今後も続けていかねばならず、白は「清潔さ」を表現するために欠かすことのできない色になる等の点を選定理由として挙げています。

選定理由にこの時代を反映しているなと思います。

新型コロナウイルスで社会が大きく変容し、今までの成功体験や解決策が全くあてはまらなくなっています。

売場振興策ではお客様の興味のあるものを提案し、にぎわいを創出することに注力していましたが、今やにぎわいを創出することが密になってしまうので歓迎されない事態になっています。

人を集めずに静かに売ることが求められています。

正に、過去に答えがない時代を生きる中で希望を胸にゼロから考える発想が大事なのだと、色の選定理由をみて再認識致しました。

年の瀬 2020

2020年 令和2年の年末を迎えました。

今年は全世界が新型コロナウイルスにより生活様式が一変するほど激動の一年となりました。

海外渡航が制限され、海外へ行くことも日本へ来ることもできなくなり、インバウンド需要が消失しました。

4月5月は日本でも緊急事態宣言が発令され、ほとんどの店舗が休業するという経験したことのない事態が起きました。

自らの存在意義さえも見失ってしまうような異常事態でありましたが、私たちの企業理念である「靴を通じてお客様の人生を楽しくする」ということが存在意義であると再認識いたしました。

今年は社屋を創業の地に引っ越しするということもあり、私たちは改めて原点回帰という気持ちを新たにした一年でありました。

靴に込める思いは不変でありますが、作る靴は時代に合わせて変化させています。

カカトを踏んでスリッパ履きのビジネスシューズ「ビズッパ」はその代表的な商品です。

3月に応援購入サービス「Makuake」でスタートした「ビズッパ3」は10,523,000円のご支援をいただきました。

又、10月にスタートした「ビズッパ  ストレッチレザー」も7,512,000円のご支援をいただきました。

加えて、たくさんの温かい応援コメントをいただき、コロナ禍の中でどれほど励みになったか、言葉では言い表わせないほどです。

本当にありがとうございました。

会うことは制限されても人と人とのつながりを感じる一年でもありました。

新型コロナの感染拡大が続いていますが、ワクチン接種のニュースもあり、一筋の光もみえてきています。

「明けない夜はない」という言葉を最後に2020年のブログを閉めたいと思います。

年末まで私のブログを読んで下さった皆様に感謝申し上げます。

来年は心穏やかな年になるように願ってやみません。

昭和レトロ

「令和」になって「昭和」は若者にとって未体験の新鮮な世界となりました。

そうした中で「昭和レトロ」と呼べるブームがじわじわと盛り上がっています。

音楽業界ではすでに数年前から昭和だった80年代のレトロブームがあり、日本で大人気のK-POPも80年代ダンスミュージック風が流行っています。

ちなみにアメリカではいまだに根強いレトロなLPレコードの発売数がネット配信によって落ち込んだCDを上回るという現象もおきました。

又、日本ではインスタントカメラが若者に人気です。逆光やちょっとしたぼけた感じなどのアナログ写真のテイストがうけ、現像した写真をスマホで撮影してSNSに投稿する人も多いのだそうです。

極めつけは純喫茶という業態です。

ある有名なプロデュース会社が長年の喫茶店をリノベーションしてオープンした「不純喫茶 ドープ」の1号店は中野というサブカル聖地という立地もはまり、人気店となりました。すでに湯島に2号店をオープンさせています。

食べ物も原色のクリームソーダや硬めのプリンなどの純喫茶の定番に加え、窒素を使った最先端のニトロコーヒーもそろえる等、昭和と現代が共存しています。

ニューノーマルの時代のリアル店舗には、わざわざ出かけても行きたくなる価値がますます求められるでしょう。再開発によって似たようなステレオタイプの街が増えれば増えるほど、正反対の非日常感を持つ昭和レトロの価値は高まるのではないでしょうか。

Vチューバー、雑談で1億円

アニメ調のキャラクター姿で動画配信するVチューバーが経済圏を広げています。

ファンがお金を払って応援コメントを送る「投げ銭」で1億円を稼ぐ配信者も現れ、獲得額で世界トップ3を独占しています。

企業とのコラボや海外進出も相次ぎ、日本発の新たなエンターテイメントに育とうとしています。

ユーチューバーとVチューバーとの違いは何か?

ユーチューバーは生身の人間が出演するのに対し、Vチューバーはアニメ調にデザインしたキャラクターを使います。配信の際はスマホアプリで自分の顔を撮影します。

表情を変えるとキャラも連動して同じ表情をし、手に持つコントローラーを使えば踊りなど全身の動きも反映できます。

Vチューバーは女性の姿が多いのですが、「魂」と呼ばれる本人の性別や年齢はわかりません。

実際、金髪女性のVチューバーで声も女性そのものですが実は男性というケースも。

Vチューバーは俳優やアイドルと異なり、スキャンダルリスクも低いのです。

主な配信内容はなんと「雑談」

そしてグッズの一番人気は「試験勉強頑張って」「おやすみ」などと言ってくれる音声ファイル (100~6000円) です。

未完成なタレントを応援して育てる日本の文化にVチューバーと投げ銭がぴったりとはまった感があります。

 

さすが、アーモンドアイ

2020年は日本の競馬界において歴史に刻まれる年となりました。

無敗の牝馬三冠馬デアリングタクトの出現、同じく無敗の牡馬三冠馬コントレイルの登場、そして史上初の芝GⅠ  8勝を達成したアーモンドアイ。

そんな数十年に一度の快挙が同時に起こったのが2020年。

その三強が対決することになったジャパンカップ。アーモンドアイの引退レースとなるので最初で最後の対決となりました。

結果はやっぱり強いアーモンドアイが三歳三冠馬をおさえての強い競馬で有終の美を飾って勝利しました。

さすが、アーモンドアイです。

2着には堂々と勝負に挑んだコントレイル、3着にはデアリングタクトと三強で見事に決着しました。

今後数十年は語り継がれるであろう2020年のジャパンカップ。

それぞれが実力を出しきってのレースで心から拍手を送りたい感動のレースとなりました。

心の底からわき上がる感動は競馬が単にギャンブルではなく、超一流のアスリートがしのぎをけずる真剣勝負の世界であるということの証であると思います。

コロナ禍においてその舞台を整えるために尽力した騎手、調教師、牧場関係者、そしてJRAとファンの皆さんの努力のたまものがこのような感動のレースにつながったのだと思います。

その感動は暗くなりがちな人々の心に一筋の光を与えました。

習い事はゲーム

子どもの習い事は水泳、ピアノ、バレエ等が定番ですが、最近はゲームの習い事もあるそうです。

「野球やサッカーの教室はあるのにゲームはない。不思議だった」と語るのはゲームのレッスンサービスを手がけるゲムトレ(東京 渋谷) の社長。

「うまくなりたい」という欲求は野球でもサッカーでもゲームでも同じであり、お金を払ってでも上手な人に習いたい子は少なくないそうです。

プロになるためでなく、日々の楽しみのためという子も多く、プロのゲーマーを育てる養成学校とは一線を画しています。

ゲームの難易度が上がり、又、ソフトのデータ容量が大きくなるにつれて複雑な設定や動きが可能となったので、一人で上達するのに限界があり、人から教わる必要性が出てきているのです。

子どもだけではなく20~30代の若年層も多く、「子どもと一緒に楽しむため」「子どもに教えられるように」と親世代にも人気があるそうです。

野球やサッカーが上手な人が尊敬されるように、ゲームが上手な人も尊敬される時代です。

親と子どもがゲームで切磋琢磨して、オンライン対戦で楽しむ。ウイズコロナの一つの楽しみ方かも知れません。