稼ぐ子ども

最近の親の子どもへの期待はいい大学に入れることではなく「稼ぐ子ども」になってきているようです。

子ども自身が稼ぐ力をつけるにはどうしたらいいかという教育本も増えているらしいのです。

数年前に小学生の将来なりたい職業の上位に「ユーチューバー」が来たことは記憶に新しいですが、米国ではユーチューバーのトップが8歳の子ども(28億円を稼いでいる) であると大きなニュースになりました。

日本でもキッズユーチューバーは多く、上位は数千万円と驚きの稼ぎなのです。

事務所に所属し、お金は親が管理して将来の進学費用に充てる親が多いらしいですが、数年で億万長者という子が何人もいるということは驚きでしかありません。

最近の子どもたちはフリマアプリで売買を学び、ネット配信で同世代の子どもの番組を見ることで商品撮影、説明コピー、伝え方、プレゼン力、画像処理などを学習しています。

その吸収力は大人よりもはるかに高いのです。

そのような稼ぐ子どもたちが自らの稼いだお金で進学した後にどのような仕事につくのでしょう?

日本社会にイノベーション起こしてほしいです。

バーチャル旅行

新型コロナウイルスの影響で海外旅行ができないなか、仮想現実 (VR) を駆使したバーチャル旅行に注目が集まっています。

リアルな映像で世界の絶景や憧れの街を体感できるのが魅力です。

単なるリアルな旅の代替としてだけではなく、長時間の移動が難しい高齢者が自宅にいながら旅に同行できたり、がっかりしないための下見として活用するなど最新技術が旅の可能性を広げています。

東京・池袋にある「ファースト・エアラインズ」でそんなバーチャル旅行が体験できます。

「フランス・パリ行き、搭乗開始です」

アナウンスとともに機内へ。料金はファーストクラスが6580円、ビジネスクラスが5980円 (いずれも税込み)

客室乗務員が安全確認の説明を行い、離陸時には飛行機のエンジン音や振動が座席に伝わり、旅への高揚感がわいてきます。

ゴーグル型端末を装着し、VR動画でパリ、オペラ座やルーブル美術館を訪れ、アルザス地方の街、コルマールへ。美しい通りを実際に散策しているような感覚が楽しめます。

現地との中継や訪問先の料理の機内食を楽しみ、所要時間は約2時間。

米国・ニューヨーク便やイタリア・ローマ便などのほか、過去へのタイムトラベル便もあるそうです。

興味のある方は是非。

熊本出身

大相撲秋場所で熊本出身の関脇 正代が初優勝しました。

東農大出身で学生横綱だった正代は入門時から期待されていましたが、大事な勝負どころでプレッシャーに負け、結果を出せずにいました。

そんな正代が今年に入って初場所13勝、7月場所11勝と好成績を上げ、ついに秋場所13勝2敗で優勝を成し遂げました。

千秋楽の優勝を決める大一番の相手は勢いのある新入幕 翔猿。

前夜は緊張であまり寝れなかった正代でしたが、土俵際での大逆転の突き落としを決め、プレッシャーに打ち勝ちました。

9月30日に大関昇進が決まり、来場所から「大関 正代」です。祖母の正代正代(しょうだいまさよ) さんも大喜びです。

競馬界においても熊本県産馬「ヨカヨカ」の活躍が注目を集めています。

JRAで活躍する馬のほとんどが北海道産馬なのですが、その中で熊本県産馬「ヨカヨカ」はデビューから3連勝を飾り、来年のG1桜花賞に出走する可能性が出てきました。

熊本地震や豪雨被害など、たび重なる災害に見舞われた熊本。

被災した地域を勇気づける活躍を「大関 正代」と「ヨカヨカ」に期待したいです。